タイヤを変えておこう

事故回避のために

タイヤ

車修理サービスの一つである持ち込みのタイヤ交換は、老化や故障したタイヤをするのに利用しますが、それ以外にも活用方法があります。老化したタイヤの交換の場合は、自分でやるよりも修理工場に持ち込みでの依頼が便利です。なぜなら自分で交換するならタイヤを買って家に届いてから素人が作業しなければならないのに対し、修理工場には各種のタイヤのスペアが揃っているので、持ち込めばすぐに新しいのに取り替えてもらえるからです。またプロがやるので、取り付けミスなどが起こりにくく、安全性の高いタイヤ交換を行ってもらえます。タイヤ交換のもう一つの活用方法とは、時期や用途に合わせて適したタイヤを嵌めることです。例えば普段は燃費の良い、転がりやすいタイヤを使用していても、それでは雪道や凍った道は走れません。そこで冬だけ、凍結路や雪道でアクセルやブレーキの効きやすいスタッドレスタイヤに交換してもらえば、冬も安心して走行できます。この際のタイヤ交換も、持ち込みで行ってもらえるサービスを用いればそれ程費用がかからず手軽に交換することが可能です。雪が降ってきた時に路脇に避けてチェーンを装着することや、自分でタイヤ交換を行うのは面倒なので、前もって交換しておきましょう。持ち込みのタイヤ交換は、故障する前に、また雪が降り始める前に対策をしておけるというメリットがあります。あらかじめ対策しておいて、万が一の自動車事故の危険性をできる限り減らしておきましょう。

予約できる場所を探す

乗り物と女性

持ち込みでタイヤ交換をしてもらう場合は気を付けるべき部分がありますが、自分の貴重な時間が無くならないように行動をしましょう。夏タイヤ交換の場合は極端に混雑をしてしまう事はありませんが、冬タイヤ交換の場合は天気予報に雪のマークがつくと混雑をします。場合によっては半日以上待たなくてはならない店もあり、一日休みを取る事ができたのにタイヤ交換をするだけで終わります。お金を無駄にする場合は節約をすれば取り返す事ができますが、時間の場合は取り戻す事ができないので十分に気を付けましょう。持ち込みでタイヤ交換の作業をしてもらう場合は、なるべく予約できる店を見つけて問い合わせをする事をおすすめします。中には持ち込みのお客さんは予約をする事ができないと言う店もありますが、持ち込みでも予約を可能にしている店もたくさんあります。予約をしていれば半日以上待たないといけないと言う事も無くなるので、休みを無駄に使ってしまう状態を避けられるでしょう。タイヤ交換は休日に行う人が多く、どれだけ調べても土日の予約受け付けを可能としている場所が見つからない地域もあります。この場合は土日などの休日にこだわって探すのではなく、平日の夜にタイヤ交換の予約をして作業をしてもらう事を考えてみましょう。休日に終わらせたいと言う気持ちも分かりますし、仕事帰りは持ち込みをするのが面倒だと感じる人もいますが、予約をしているとスムーズに作業をしてもらえます。

製造年数のチェック

乗り物

車に乗っているとタイヤ交換が必要になります。タイヤを持ち込みタイヤ交換をお願いすることも可能ですが、未使用のものを購入することをお勧めします。持ち込みのため未使用のものを購入しても、年数がたっている場合は劣化している可能性があるため注意することが必要です。製造後3年からが劣化が始まるといわれているため、必ず何年に製造しているか調べておくことが大切です。持ち込みのため中古を購入する場合、必ず製造年を確かめておくとよいです。保管状態も大切です。保管状態によってタイヤのコンディションが変わってくるため、状態のよいものを選ぶ必要があります。持ち込みのためタイヤを購入する場合、いろいろな購入方法がありますが、タイヤ交換の際ショップにどのように持ち込むかも考えて購入するとよいです。ネットショップで購入する場合、家に届けてもらうのではなく、直接タイヤ交換をするショップに送ってもらうとかなり便利です。タイヤの受け入れ体制が整っているショップを選ぶと、直接送ることができます。一度問い合わせてみることをお勧めします。受け入れ態勢が整っているショップでも、どのショップで購入してもよい場合と、タイヤを購入するショップの指定がある場合があります。まずは問い合わせを行い、検討してみると安心してお願いできるのではないでしょうか。外車の場合は、ボルトを持参することを忘れないようにするとよいです。車に取り付ける際ボルトの長さが重要となります。事前に用意しておくとおいです。