冬の時期に活躍する

過信はしないこと

ミニカーと整備道具

スタッドレスタイヤは雪の多い地域や道路が凍った場合にもスリップすることなく安全に運転できるように開発されたタイヤです。タイヤがすべる原因は路面の氷が溶けだして水の膜を生成して、それがタイヤと道路の間に入り込むからです。スタッドレスタイヤではこの現象を防ぐためにタイヤに深い溝が彫られています。また、道路が凍るような低温状態においてもタイヤに使われているゴムは固くならないようになっています。つまり柔軟性を維持していることによってタイヤと道路の間に水が入り込んでも、柔軟性の高いゴムのおかげで水を吐き出すことができ、膜の生成を防ぎます。それによって滑ることを防いでいます。また、それだけでなく、凍った道路とタイヤの摩擦力を増やすために路面を引っ掻く効果のある素材が含まれているものもあります。そうすることでスリップする可能性をさらに減らすことができます。引っ掻く効果のある素材を使用することで路面との摩擦力を高めます。発進するときや停車するときには摩擦力が大きいほうが空転せずに加速できますしブレーキをかけたときの制動距離も短くなり安全と言えます。しかしながら通常の走行時には効率が悪くなります。そのため、スタッドレスタイヤは路面が凍る冬の時期の前に装着して必要がなくなれば交換することが大事です。また、スタッドレスタイヤを使用しているからと言って、急発進や急ブレーキを使用せずに慎重に運転することが大事です。

燃費の向上を意識する

男性

一昔前のスタッドレスタイヤを利用した事があるけれど、その性能に満足できなかったという人は、新型の商品に注目をしてみてください。スタッドレスタイヤのグリップ力は年々強化されており、新たなタイヤパターンが開発される事により、雪上や氷上での走行性能は向上しています。特にタイヤが滑りやすくなるアイスバーンの上を走っていても、走行性能の高さを実感させてもらえる、最新のスタッドレスタイヤを選ぶ事がおすすめです。豪雪地帯では雪上や氷上での走行性能が重視されますが、日中は路面が乾いている事が多い地域では、ドライ路面での走行性能も比較しなければいけません。北海道や東北などの地域で人気が高いスタッドレスタイヤであっても、路面が乾く事が多い地域では人気商品が違う事が多いので注意をしてください。ドライ路面でも走りやすいスタッドレスタイヤは、ブロック内部から支える特殊構造になっているものが多く、少し感触が柔らかいものが多いのも特徴です。手触りが柔らかすぎるのではないかと感じるタイヤも、ドライ性能が高い場合もあると考えて、いつも走っている路面の状態に合うタイヤを選んでください。ただタイヤの抵抗力を高めるだけでなく、サイドのたわみを適正化する事により、滑りにくいながらも低燃費を実現しているスタッドレスタイヤも増えています。冬場になると自動車の燃費が急激に悪くなってしまう事に悩んでいる人は、最新のスタッドレスタイヤの情報を確認してください。

性能重視で選択する

ウーマン

季節も雪が降る時期になってくると、自動車を所有している方々が気になり出すのがタイヤの交換ではないでしょうか。夏用のタイヤから冬用のタイヤ、いわゆるスタッドレスタイヤへの交換です。滅多に雪の降らない地域ならともかく、毎年雪が降るような地域に住んでいる方々であれば当然、スタッドレスタイヤへの交換は必要です。さて、このスタッドレスタイヤを選ぶ際に必要なことはどういったことでしょうか。まず、タイヤの氷上性能が挙げられます。雪というのは一旦解けますが、明け方にかけて気温が下がり、アイスバーンになることが多々あり、運転にはかなりの危険が伴います。氷上性能というのは、このアイスバーンの上でどれだけ安全に走行できるかという性能です。 次に雪上性能というのがあります。アイスバーンだけでなく、雪の上でタイヤが空回りせず、どれだけタイヤの溝が雪をつかんで走行できるかという性能です。他には燃費性能があります。スタッドレスタイヤは夏タイヤに比べると燃費が悪いようですが、今では各社とも燃費のいいスタッドレスタイヤを開発してきているようです。スタッドレスタイヤを選ぶ時には以上の3点に注意すべきでしょう。また、スタッドレスタイヤの寿命は概ね3年から4年と言われています。ここで注意すべきことは、タイヤの溝がまだまだ残っていたとしても、年数が経つにつれてタイヤ自体が硬くなってしまうということです。スタッドレスタイヤは元々、雪をつかみやすくするために柔らかく作られています。硬くなると雪をつかむと性能が劣化してしまうので、交換する時には溝ではなく年数で判断すべきです。また、専門店によってはスタッドレスタイヤに限らず、通販等で購入したタイヤを持ち込みで交換してくれる店も増えてきました。さらに、アパートやマンション住まいで、外したタイヤの置き場所がない場合、店で保管してくれるサービスもあり、大変人気があるようです。